清川村「しっぽ村」を訪問

宮ケ瀬ダム しっぽ村案内 清川村道の駅

「しっぽ村」ってご存知ですか?震災などで飼い主さんと暮らせなくなった犬や猫を中心に救済して、里親探しをしています。

神奈川県では猫はまだですが、犬の殺傷処分が「0」ゼロです。これは、殺傷処分目前の犬を「しっぽ村」が引き取って育てているからなんです。「しっぽ村」は清川村以外にも数か所あります。

私が「しっぽ村」を知ったのは、通勤途中の乗り換えに少々時間があったので横浜駅西口をふらふらしていた時でした。『震災等で被災した犬や猫の里親になってください!』と熱く訴えている男性。そして犬・猫の画像が沢山貼られた手作りの看板を見て立ち止まり話を聞きました。

しっぽ村 被災地の犬・猫里親募集
しっぽ村 被災地の犬・猫里親募集

私は数年前に愛猫を亡くしており「しっぽ村」の話しが気になって仕方がありませんでしたが、もっと話しを聞きたかったのですが、あいにく乗り換えの時間がせまってきて、会社に遅刻しては困るのでパンフレットだけをいただいてその場を後にした次第です。

しっぽ村 被災地の犬・猫里親募集
しっぽ村 被災地の犬・猫里親募集

後日、気になって仕方なくなり、冬の時季はイルミネーションが素敵で毎年訪れる宮ケ瀬ダムの吊り橋がある公園へ散歩へ行き、公園や吊り橋を散歩して清川村の自然を楽しんだ後に、やっと目的地の「しっぽ村」へ行きました。

「しっぽ村」を訪れたのは午後4時位で、本来なら見学は午後2時までとの事でしたが、親切なボランティアの男性が施設の案内をしてくださいました。そのボランティアの男性は本職は看板屋さんだそうで、施設のあちらこちらに可愛い看板が沢山ありました。

ちょうど散歩に出ている犬もいて、全ての猫や犬を見る事は出来ませんでしたが、近くの農大生がボランティアに参加していて、手入れや飼育が行き届いており、ボランティアの皆様がとても温かく優しい方々なので、ここに貰われて来た子達は本当に良かったなぁ。。。と思いました。

私は以前亡くした猫と似ている子を探しているのと、今回は時間も見学外の時間でしたので、一応目的は果たせたような気分で帰りました。

もし、犬・猫が好きで里親になりたい。良い環境で大事に育ててあげたいと思う方がいらっしゃいましたら、是非、清川村の「しっぽ村」へ足を運んでいただけたら幸いです。

大切な命人間の都合で無駄にしてはいけません写真は撮らなかったのでパンフレットで詳しい住所や地図等を載せておりますので、気になっていただけたら是非一度「しっぽ村」へ訪れてみてください。見学は午後2時までです。

しっぽ村案内
しっぽ村案内