「Fキー・Ctrlキー・Shiftキー」等PCキーボードの便利な役目

PCキーボード

Fキー(ファンクションキー)やCtrlキーShiftキーを使って私がサクサク仕事をしているのを、最近入社した隣の席の同僚(かなり年下)がずっと見ていたらしく、先日「PCのスキルをあげたいからFキーの使い方を教えてください」と言ってきました。彼女は今まであまりPCを使った仕事をした事が無く便利なキーの使い方が分からないとの事。そうか!これを今回の記事にしたら、誰かの役に立つかも知れないと思いまして、まずはFキーの役目から教えたいと思います。FキーはPCのキーボードのこの位置にあります。(PCによって様々なキーの位置が違うと思いますが、私の使用しているPCのキーボードで説明します。)

Fキーの位置
Fキーの位置

 

  • F1ヘルプの表示
  • F2ファイル名の変更
  • F3ファイルやフォルダを検索
  • F4マイコンピュータやエクスプローラでアドレスバーの一覧を表示
  • F5更新(リロード)
  • F6ひらがなにする
  • F7全角カタカナにする
  • F8半角カタカナにする
  • F9全角アルファベットにする
  • F10半角アルファベットにする
  • F11全画面を表示
  • F12名前をつけて保存

 

 

続きましてCtrlキーにアルファベットをプラスした便利な使い方です。Ctrlキーはこの位置にあります。

Ctrlキーの位置
Ctrlキーの位置

 

  • Ctrl+A文字、ファイル、フォルダなどカーソルを置いているページの全てを選択
  • Ctrl+C上記の全てやカーソルで選択したものをコピー
  • Ctrl+Vペースト(貼り付け)
  • Ctrl+X切り取り
  • CtrlZ操作を1つ戻す(同僚には「やらかした事を1つずつやらかす前に戻せる」って伝えました。(笑))
  • Ctrl+S上書き保存
  • Ctrl+P印刷
  • Ctrl+F:検索
  • Ctrl+Shift+Delete:キャッシュされた画像や履歴の削除(パスワードの削除も出来るので、削除したいか所だけを自分でチェックを入れてください)
  • Ctrl+Alt+Delete:強制終了もしくは再起動(お使いのPCによって選択してください)

 

 

マウスを使わずに作業が出来るので、覚えておいたら便利ですよ。続きまして、Siftキーの使い方です。Siftキーはこの位置にあります。

Shiftキーの位置
Shiftキーの位置

 

  • Shift+マウス左クリック起点から終点までの範囲を選択
  • ShiftDeleteファイルを完全に削除(この方法で削除したファイルは元に戻す事が出来ないので注意して使用してください。)
  • ShiftCtrlEscタスクマネージャーを開く
  • ShiftCaps Lockアルファベットの大文字と小文字を切り替える
  • Shift←↑↓→(矢印キー)文書の中の文字やファイルの選択
  • Shiftスペース(スペースは一番手前の何も書かれていないキー)半角スペースをいれる
  • Shiftひらがな(カタカナひらがなローマ字キー)カタカナ入力モードに切り替える

 

 

他にもFnキーを使った便利な使い方もあります。FnキーとFキーの下に書かれている絵や文字で見ただけでもご理解いただけると思いますが、1例として、私のPCではFnキー+F7で画面が明るくなりますし、Fnキー+Prt Scで見ている画面をコピーできます。(コピーした画像はペイント等に上記で記載したCtrl+Vペースト(貼り付け)で貼り付けてお使いください。)ね!便利でしょ。これを覚えていただくだけでもスキルアップになりますし。作業効率があがります。

まだまだ他にもキーの使用方法がありますが、一通りの事は同僚に教えられたかな。また課題が出てきたらブログしますね。